保育園の利用について

利用の期間

 利用できる期間は、2号認定は小学校就学前まで、3号認定は満3歳に達する日までの間で保育を必要とする期間(支給認定証の認定期間)になりますが、必ず年1回の更新の手続きが必要です。ただし、証明書の雇用期間や治療見込期間が記入してある場合は、その期間に応じて認定期間が決定されますので、引き続き利用を希望する方は、認定期間の終了日までに必ず証明書等を提出してください。
 利用開始日は、原則毎月1日からの利用となります。ただし、やむを得ない場合に限り、月途中からの利用ができます。この場合の利用開始は、保育が必要となる日の2週間前からです。
 『求職中』での入所日は月の初日のみで、年度内に最長3ヶ月です。(年度をまたぐ場合でも、連続して3ヶ月を超える利用はできません。)
 産休・育休明けや新たに仕事を始めるときは、就労開始日の2週間前から利用を希望することができます。

利用の調整(選考)

 提出書類の審査後は、以下のようになっています。  
 ※選考の結果は、通知書で連絡します。


・利用の調整(選考)は、利用希望月の前月に行いますので、申込書類は前々月下旬までに提出してください。なお、希望施設の変更や利用希望日の変更があるときは、早めに連絡してください。

・認定こども園及び地域型保育事業の場合は、施設との直接契約となりますので、利用調整結果通知書(内定)が届いたら、施設と契約を行って下さい。

申込書は年度末(3月末)まで有効です。したがって、空き待ち等で利用できていない方は新年度(4月以降)の申し込みが改めて必要になります。

利用中の手続き

 次のような場合は、速やかに子ども支援課に連絡し、変更届等を提出してください。

(1)勤務先を変更した場合、退職をした場合
(2)婚姻・離婚・死亡等により児童の保護者に変更があった場合(改姓や住所変更も含む)
(3)修正・更正・還付申告により税額が変更になった場合
(4)市外へ転出する場合
(引き続き保育所等の利用を希望する場合は、事前に子ども支援課および転居先の市町村役場にご相談ください。)
(5)支給認定の変更を希望する場合
(6)その他、申込事項に変更があった場合(市内転居や同居家族の増減など)

施設を変更する際の手続き

 毎月1日付けで承諾しております。希望月の前々月の下旬までに『保育所等利用申込書』に希望施設を記載し、提出してください。審査後、希望施設の定員等に余裕があり、受け入れが可能な場合は1日付けでの変更になります。
 施設の変更が決まったら、以下の【施設をやめるとき】の要領で、在園している施設への退所の手続きを行って下さい。

施設をやめるとき

(1)保育所の場合
 退所を希望する日の1週間前までに、保育所または子ども支援課に『退所届』を提出してください。『退所届』の提出が遅れると、その後も保育所に在籍いるとみなして保育料を納入していただきますのであらかじめご了承ください。

※なお、次の場合は退所していただくことがあります。速やかに保育所または子ども支援課に連絡してください。
保育に必要とする理由がなくなったとき
『保育に必要とする理由』に虚偽の報告があったとき
欠席が続くとき

(2)認定こども園・地域型保育事業の場合
 退園についての手続きが必要です。書類や手続き方法については、各施設にお尋ねください。



TOPへ戻る 前に戻る